宗教法人木山寺の月例行事・年間行事を紹介

2021/05/15 コラム

宗教法人木山寺では毎月開催される行事と、年間を通して定期的に開催される行事が用意されていて、多くの参詣者が楽しめるようになっています。

▼月例行事の紹介
毎月定期的に開催されている月例行事の中でも毎月1日に開催される「朔日(ついたち)参り」では、寺院の興隆や檀信徒の諸願成就、更に世界平和を願います。
また、毎月8日には「薬師瑠璃光如来縁日」があります。
この日にお参りすると、病気平癒、身体健全、除病延寿、災難除法、現世利益などの薬師如来の御利益が増すと言われています。

他にも、毎月18日に行われる観世音菩薩縁日や毎月21日に行われる弘法大師御影供などの行事があります。

▼年間行事の紹介
毎年定期的に開催されている年間行事は、新年最初の法要である「修正会」から始まります。
大晦日から元日の午前4時には、ロウソク108個による境内のライトアップもあり、各種ご祈祷を受け付けています。
2月には「 節分会・星祭除災招福祈祷」が開催され、星供曼荼羅を奉伺し、除災招福・福寿増長を祈ります。
また、6月下旬から7月上旬にかけては「紫陽花まつり」が催され、色鮮やかな紫陽花を家族そろって楽しむことができます。
大晦日には、除夜の鐘を鳴らし、新しい年を迎えます。
他にも、8月13日から15日の「盂蘭盆会」や10月20日の「秋祭り・鎮守両神の大祭」、11月の「七五三祈祷会」などさまざまな年間行事があります。

▼まとめ
木山寺では毎月、そして毎年定期的に行事やイベントが開催されているので、ご家族揃って足を運んでみてください。