熊手はどうやって処分するの?

2022/01/15 コラム

「熊手を初めて買った」「家にずっとおいてある熊手がある」そんな方のために、この記事では熊手の処分方法をご紹介します。
熊手は縁起物なので、捨て方にも注意が必要です。

▼熊手は1年で買い換えることが多い
熊手は商売繁盛や開運を祈願する縁起物です。お守りと同じように、1年で買い換える方も多く、毎年新しい熊手を買うことが一般的になっています。
しかし、熊手には1年で買い換えるという明確なルールは特にありません。
お気に入りの熊手や、大切な人からもらった熊手など、手放したくなければすっと持っていても問題はありません。

▼熊手を処分する方法
特に理由がなければ、熊手を買いかえは、新たな気持ちで1年をスタートできるのでおすすめです。
その場合の、今まで持っていた熊手の処分の方法をお伝えします。

■購入した神社に返納する
基本的に熊手は購入した神社で返納するのがよいとされています。
神社の境内に「古札納所」があるので、そこに返納します。
事前申請する必要もなく、料金もかからないので、新しい熊手を買いに行くときは、古い熊手をもって神社に行きましょう。

■近所の神社に返納する
購入した神社にいくのが難しいときは、近所の神社に返納しても大丈夫です。
上記と同じ方法で返納しましょう。

■自宅で処分する
事情があり、神社に行くことができないという方は、自宅で処分することも可能です。
そのまま捨ててしまうのではなく、塩でお清めしてから、新聞紙にくるんで処分しましょう。
自宅で捨てるのは悪いような気もしますが、しっかりと1年の感謝を込めることが大切です。

▼まとめ
熊手は神様から授かった縁起物。購入した神社に返納するのが1番ですが、購入した神社が遠かったり、行くことができない場合には、他の方法でも処分することができます。
どんな方法でも感謝を込めて行うことで、毎年の運気をひきよせるのかもしれませんね。